【静岡秘境温泉】寸又峡温泉【日帰り紅葉狩り】

【静岡秘境温泉】寸又峡温泉【日帰り紅葉狩り】

IMG_0912

紅葉よ 色づく落ち葉 湯に舞い落ちつ

【状況】

静岡の秘境の温泉、寸又峡をご存じだろうか。

機関車トーマスで有名なあの大井川鉄道の千頭駅よりさらに山奥に進んだ南アルプスの山中に囲まれた秘境の温泉である。

Google map でご覧ください。

 

【google map】

今回は静岡市内より車で国道362号線を走り、千頭経由で秘境温泉 寸又峡に向かった。ちなみ、日帰り温泉もある。

国道362号線は山を登っていく道のため道中、非常に道が狭くすれ違いが狭い場所がたくさんあるので運転に自信のない方はオススメしない。また、初めて通るなら時間帯も夜になる時間に通行するのはオススメしない。

途中には、杉尾はなのき展望休憩所がある。

IMG_4017

ここまでで1時間以上はかかっている。

IMG_4016

山側の景色は見晴らしも良いが山しか見えない。

IMG_4018

トイレ休憩と新鮮な空気を吸って緊張をほぐす。

出発してさらに狭い道を今度は千頭まで下る。

途中、作りかけの道路に出るが完成が平成30年とまだまだ工事中のトンネルを見ることになる。

さらに、進むと奥泉駅を過ぎてから77号線を走る。

ここがまた狭い!途中に、交互通行をスムーズにする電光掲示板があるので注意深く進む。スピード出し過ぎは厳禁。

対向車が常に来るのか警戒が必要だし落石もいつ落ちていても不思議じゃない。

IMG_0898

寸又峡へ向かう途中で。

まだまだ元気なウィッシュ号である。

放熱性が高い4輪ディスクブレーキな車なので峠の長い下り坂にもめっぽう強い。

また、ウィッシュ号はカローラタイプと比べて7人乗りと乗車定員も多いのでブレーキがワンサイズ大きい仕様になっており安全面も考慮されているので今回ような二人乗車では余裕のドライブが楽しめる。

ちなみに、カローラフィールダーより前輪ブレーキは6割ほど性能が上である。

IMG_0896

余計なウンチクを垂れてしまったが、車は確実に秘境に迫っている。

IMG_0902

そして、寸又峡の駐車場の案内看板がでてくる場所まで峠を下ってくると、きれいに赤く染まった紅葉がお出迎え。

IMG_0914IMG_0919IMG_0910IMG_0905IMG_0920IMG_0912

ちょうど、紅葉の真っ最中に来ることができたようです。

温泉の前に、『夢の吊り橋』へ

車を止めてから今度は、徒歩です。

手前の温泉街を抜けてどんどん登っていきます。

 

IMG_0924

遠くに川が見えてきました。

IMG_0926

山側はこういう急傾斜の落石注意箇所が多数あります。

気持ち的にこの手の場所は、素早く通り抜けた方がいいと思います。

IMG_0929

あきらかに危険な場所は、金属の金網で防護されています。

IMG_0930

大間ダムの場所まできました。

IMG_0933

水面が濃いグリーンです。

IMG_0931

反対側は、このような崩壊中の崖が見えます。

IMG_0936

吊り橋は、水面に近い場所にあるので、降りていきます。

IMG_0939

ダムは、中部電力の発電用のダムなんですね。

このはるか上流には、まだ千頭ダムがあります。

IMG_0940

もう水面がすぐそこです。

IMG_0941

夢の吊り橋にきました。

後に、この右に写っているグリーンのお姉さんに試練を与えられることになるとはこの時考えもしなかったのである。

IMG_0943

寸又峡プロムナードコースとは、入り口ーダムー吊り橋ー上り坂ー山道ー橋ー山道ー入り口と一周できる散策コースである。

IMG_0944

これを1周行くと1時間半くらいかかる。

IMG_0945

だが、いく。定員は10名なのでむやみに進んではいけない。

IMG_0946

橋の上の人数を数えて自分の番が来るのを待つ。

IMG_0949

水面が穏やかである。

IMG_0953

結構、ゆれます。

そして、試練の時が、、、すいませーーーん、シャッターお願いできますか(笑

ここでっすか(心の声

いいですよー(泣

ためらいもせず、高そうな一眼を渡してくるお姉さん。

そっと、ひもを堅く握りしめるWEBマスター。

ぱしゃり。

IMG_0958

この方である(爆

IMG_0954

ここが中州。盆栽みたいな木が生えている。

実は、、反対側に渡ってからが難所であった。

降りてきた山道を今度は一気にのぼらなければならない。

IMG_0960

ここまでくれば、

IMG_0967

やれやれできる。お連れのAちんはもうヘロヘロ(笑

この子おっそいの。

昔、千頭森林鉄道だった線路跡の林道を歩いて展望広場にいくと機関車が展示してある。

IMG_0969

こんなのが、大昔は走っていたんですね。東京芝浦電機の銘がはまっていましたよ。

IMG_0968

林道はまだ続きますが、帰り道は反対方向です。奥へいくと千頭ダムです。

引き返していくと、

IMG_0974

別の山道への分岐点があります。

IMG_0975

パネルの展示は、

もう日が大分落ちてきましたので写真に撮ってあとでゆっくり読みます。

IMG_0972

しかし、この山はすごいです。生きている山脈とはよく言ったものです。

100年で40cmは隆起しているそうですが、その分、雨から始める水の流れに浸食されていくスピードも凄まじいものがあるというのはよくわかります。

IMG_0979

また、ゴツゴツした荒い岩が多くひび割れも多いです。

落石が多いことは容易に想像できます。人が通れるように維持していくには、膨大なマンパワーが必要なことでしょう。

IMG_0987

崖の下部。

IMG_0986

道から見下ろす崖。

IMG_0985

なにやら、穴があいている金網。

IMG_0983

IMG_0989

壮年期特有の激しい浸食作用で急峻な地形が多く日本の最も大きい地殻変動線に囲まれているそんな秘境です。

こんな場所で線路を数十年維持していた労力は大変なものだったんでしょう。こんなものを見ていると、上に行ってみたりしたくなりますがやめておきましょう。

地学大好きだったので露頭を見ると観察したくなっちゃうんですよね。

IMG_0992

と、大自然を堪能したあとは、元気なおばさんがいる『手作りの店 さとう』へ。

なんと、1割引きクーポンがあります。知らなかったー(爆

この記事を書いているときに発見しました。

手作りの店 さとう 1割引きクーポン

IMG_0995

IMG_0993

しいたけそばに、手作りの一味をたっぷりかけて頂きます。

しいたけうめえ。

IMG_0994

こんにゃくおでん、、みそうめえ(^o^)

あとは、山芋もちも食べたけどぺろりと一瞬で消えました。

これは、うまかったー!

オススメです。

わさびそばも気になっていたんですけど、こちらは冷たいそばということでまた食べに来ましょう。

小腹が満たされたら、待ちにまった温泉です(^o^)

今回は、ここの日帰り温泉につかります。

楽天トラベルを見ていたら見つけたのがきっかけなんですよ。
詳細は★翠紅苑★オススメです。 日帰り入浴はなんと600円です。

ここの温泉すごいんですよ。

まず、浸かりますとすべすべヌルヌル致します。

お肌がすべすべになりものすごく気持ち良いです。同地区の町営露天風呂では美女づくりの湯と言うそうですから、お肌つるつるになるのは納得できました。

小ぶりですが露天風呂はとても気持ちよい温泉となっていました。

風呂上がりに、無料で飲める冷茶は、最高においしかったです。

辺りは真っ暗ですが、日帰りのため小一時間で退出します。レストランの横を通ると宿泊客用の料理が用意されていて美味しそうです。

ロビーには、囲炉裏があり炭火とまめ炭に火が入っていました。

WEBマスターは休憩しながら、タブレットでメールチェックしていましたが、ものすごく静かで時間が止まっているような錯覚に陥りました。

それぐらいは、ここは秘境なんですね。

IMG_0996

また、きっと来るならこの場所なんだろうなと思いました。

帰り道、真っ暗な山道。

たぬきとカモシカに出会いました(笑

そんな、静岡の秘境温泉寸又峡日帰旅行でした。

【紅葉】河口湖紅葉のトンネル【河口湖もみじ回廊】

【紅葉】河口湖紅葉のトンネル【河口湖もみじ回廊】

IMG_0832

状況

前回の【【キャンプ】紅葉狩りキャンプレビュー【道志の森キャンプ場】】続きです。

キャンプの撤収の後、日帰り温泉『山中湖温泉 石割の湯』に行きました。

この日は、ここの系列の日替わり温泉『紅富士の湯』がリニューアル工事中ということで、お客さんが次から次へと大混雑でした(滝汗

いつもは割とカラン(シャワー台)も待ち列ができる有様ですよ。

それでもカランは10カ所以上あるので、ちょっと待てばOKでしたが露天風呂の満員ブリには参りました。

ここの露天風呂は、ちょーぬる目なお湯でして長く入れてリラックスできるんですが、、

まぁ、こんなこともありますね。

サクっとさっぱりして、お風呂から上がり、信玄ソフトを食べました。

きなこがかかったソフトクリームに信玄餅が4個ひっついていて美味しいです(^o^)

お土産には、売店の50円野菜(レタスとほうれん草まど)とジネンジョ380円を買いました。

その後は、暗くなってきましたので、『

河口湖もみじ回廊のライトアップへ

IMG_0843

駐車場は、パンフレットを確認した通りの河口湖さる回し会館の裏手100Mに無料の駐車場があります。

通りに出るとオルゴール美術館の前のもみじも赤く染まりライトアップされていました。

IMG_0827

会場へは、10分ほど歩きます。

IMG_0829

紅葉回廊の手前です。奥の左右に続く通りがもみじ回廊です。

IMG_0833

まだ、青い部分はありますが、6割は紅葉してました。

黄色のイチョウの木が観光客に大人気(大陸の人たち)です。

IMG_0858

順路には、おしゃれな形の灯籠がおかれています。

IMG_0841

一段下がった広場から。

IMG_0848IMG_0832

IMG_0867

IMG_0830

それなりに観光客の方も多く盛り上がっていました。

帰りは、ほうとうを堪能してから帰路へつきます。

春の桜も綺麗ですが、秋の赤い紅葉も綺麗ですね(^o^)

【キャンプ】紅葉狩りキャンプレビュー【道志の森キャンプ場】

【キャンプ】2015年秋の紅葉狩りキャンプレビュー【道志の森キャンプ場】

IMG_0802

状況

2015年の11月6日7日にかけて『道志の森キャンプ場』にて1泊の紅葉狩りキャンプに行ってきました。

今回は、紅葉の最盛期を狙いに狙って仕事スケジュールが合う11月上旬にキャンプ場にお邪魔することに。

11月3日は文化の日で休日だったので車への積み込みはゆっくり出来ました。

IMG_0737

当日の朝の9時過ぎに出発して、10時に御殿場の高級食材スーパーAOKIで生鮮食料をお買い物します。

IMG_0738

道中、立ち寄った道の駅『すばしり』でこの晴天。ブルーが深いですね。

IMG_0740

駐車場で流行の『逆送するお年寄り』に遭遇しましたが無事スルーしつつ、地物のピーナッツかぼちゃを買いました。

IMG_0741

箱根裏街道の篭坂峠を超えて、山中湖の旭が丘を通りぬけて、道志村に向かいます。

途中で、オシャレカフェのペーパームーンの横を通り道志道へ。

道志の道の駅についてから、これからの設営作業に備えて早めの昼食を取ります。

IMG_0747

道志ポークカレーを食べました。

連れのAちんは、ポトフ美味しそう!とか言いながら、ざるそばを食べてました(爆

ご飯を食べたら、キャンプ場へ。

池の辺りから今夜の宿泊地を求めて彷徨います。

IMG_0749IMG_0750

IMG_0779

寒くなってきているので、トイレも近く水場も近い橋の横に。

お気に入りのサイトがあるんですが先客がいたのですよ。

でも結果的にここはナイスポジションでした。

wish10

荷物を降ろして設営に入ります。

1泊キャンプなので、ここからが多忙なんですよ、、、なんせ、16時半も過ぎれば、真っ暗になってきますから真夏とは状況がまったく違うわけです。夏なら18時半でもまだ夕方って感じなんですが、秋も深まると18時は真っ暗ですよ。

山の稜線に日が沈んだらそこからは闇夜に一直線。

秋キャンプ対策で荷物も増えているし、夏は、ヘキサタープなんですが、秋キャンプ用にラウンドエアスクリーン400を投入しました。

ですが、初張り!

簡単なんですが、簡単なんですよ。

だけど、要領がまったくわかっていない初張りだったので多少手間取ったり。例えば、赤、黄のポールを先にセットするとクロスの黒いポールが簡単に入らなくなったりしますw

あとは、テントはツーリングドームLXです。

寝るだけなのでコンパクトなテントにしてますが、これを今回はスクリーンタープと結合しました。写真はありませんが、結果からいうと結合できます。

コールマンのサイトには結合出来るテントの一覧がありますが、ツーリングテントは載ってないので現場合わせでなんとか結合できました。

ただし、正規のやり方ではないんですが、ジョイント部分のクッションロープをうまくペグダウンしてやる工夫をすればOKです。

この後に、『紅椿の湯』まで温泉入浴にいく予定なのであまり時間がありませんが、とりあえず、設営が終わったら、コーヒータイムで休憩ですよ。

IMG_0784

紅葉見ながらコーヒーは最高だねって話すと、

Aちんのカップになぜか、、キノコが浮いてます。

いつのまにか、ナメコ味噌汁を作って飲んでいました(爆

だって、飲みたかったんだもん(食 だそうな(^o^)

その後、すぐに温泉へ。

ここ何回かの道志キャンプでは、紅椿の湯まで行きますよ。

道志の湯が途中にあるんですが、多少高くても紅椿の湯がオススメです。理由は行けばわかるので割愛(ry

紅椿の湯に着いたころは真っ暗に。

19時前だったのでガラガラ。貸し切り状態を堪能します。

いいのさー管理人さんがいなくて割引き券貰えてなかったけど、

いいのさー19時前で割引きなくても、貸し切りだから~。

さっぱりした後は、冷え込みに備えて、ヨーカドーでGETしたボディーヒーターと同じくタイツをはき込みます。

その上から長袖のTシャツに半袖Tシャツ着て、中綿ジャケットを着ます。

キャンプ場に戻る車内では温泉ポカポカ状態だったので、暑くて窓を開けて走っていました(爆

Aちんがもうそんなに着込んでるの(笑

よし、ドリンク飲んで涼もうってことで、道志道でよく見る激安自販機コーナーでスィートキッスを買います。

1447000055357

これうまい!しかも、100円!さすが、チェリオよ。

子供の頃、ビンの炭酸を飲んだのを思い出します。

さて、キャンプ場に着きます。真っ暗ー。

さて、今夜の豪華ディナータイムですよ。

すぐに、ノーススター2000を点火したり、LEDランタン達をセッティングしたり、炭火を起こしたり、ファンヒーターをセットしたり大忙しになります。

もちろん、天井ベンチレーターは全開ですよ。

IMG_0755

新品のスクリーンタープ内でなんとバーベキュー!

お肉焼き焼きタイム。カルビ焼いたりステーキ焼いたり。

換気はばっちりなのでご心配なく。

IMG_0758

朝、タレに漬け込んできたスペアリブ全乗せ(爆

右のお皿には焼き上がった焼き鳥も見えます。

レシピは、味の素のレシピ百科のレシピがお気に入りです。

さすがに、煙がすさまじくなり、コンロごと持って一旦外に避難しました。

この折りたたみ式BBQコンロ優れものです。

外から、スクリーンタープををライトで照らすと煙がかなりの勢いでベンチレーターから排出はされていたんですけど、500gのスペリブの脂の煙は凄まじかったです、、

IMG_0756

ご飯は、手羽元とシーフードのパエリア!

美味しくするコツは、S&Bのシーズニングパエリアを使うこと(笑

具が多いので、1合炊きの場合でも1袋ともう半分ぐらい使ってスープを濃くしないと味が薄くて美味しく感じなくなるので濃いめがGOODです。

IMG_0751

お腹もいっぱいなってきたので、それではタープ内の様子をこっそりお見せしましょう(笑

写真用に片付けたり全然してない素の姿ですよ。

キッチンテーブル使ってないロースタイルだったんですけど、この方が腰が楽って言うので、今日はAちがんがアルミテーブルを重ねました(爆

ちなみに、流し台は『自作のキャンプシンク』です。

ちょっと、昼間の明るい時に撮った写真をご紹介しましょう。

IMG_0772

ステンレスの洗い桶ですね。これに穴を開けて排水口を作ります。

プラスティックの水栓を取り付けてあります。水栓にポンプで水を送ります。水道を占有できればホース直結も出来ます。排水は後で捨てに行く感じで使います。

IMG_0771

ポンプは、圧力感知型ダイヤフラムポンプを自作ポータブルバッテリーで駆動してます。12Vバッテリーで動作するんですけど、このポンプの利点は、スイッチが圧力感知型なので水栓を開く、つまり、蛇口の開閉でポンプが自動で作動します。また、水圧が強いの水栓にシャワーを付けても水圧が弱まりません。

IMG_0773

天板はベニヤ板に、木目の輸入壁紙を貼って仕上げました。

サイドは、補強用にアルミアングルで枠をはめ込みました。

隙間は、防水用にUVレジンを流し込んで固めてあります。

足はイケアのステンレスのタオルハンガーです。

IMG_0763

ポンプは木の板に固定してあります。

今回は、アウトドア給湯器の実地テストもかねてのキャンプですので、ソフトクーラーを使ったタンクの中には最大で25Lくらいの温水が入ってます。

IMG_0762

アウトドア給湯器について

これでキャンプでも快適に温水生活出来ます(^o^)

食事の後は、片付け~で焚き火しつつ夜空を見上げ流れ星を

数えてから就寝。

寝床はですが上から、

コールマンの0℃対応フリースシュラフ

人間×2

コールマンの15℃対応シュラフ

インフレクターマット×2

コット×2

で快適に就寝できました。

道志の森キャンプ場は、下が砂利の様になっているのでコットが

あると快適に過ごせます。

翌朝は、朝食を食べてから、キャンプ場を一周してみました。

IMG_0799IMG_0800IMG_0802IMG_0789IMG_0790IMG_0792IMG_0794IMG_0788IMG_0801

道志の森キャンプ場は赤く染まる葉っぱが多いのでとても紅葉がきれいですよ。

撤収の時間です。

帰り道にポツリポツリ降り出しました。

『道志の森キャンプ場~紅葉キャンプレビューでした。』

【山梨白州】サントリー、シャトレーゼ工場見学の旅【無料】

 

 

 

【山梨白州】サントリー、シャトレーゼ工場見学の旅【無料】

IMG_0637

状況

今回の旅は、【山梨白州】サントリー、シャトレーゼ工場見学の旅【無料】でお届けします。

まず、サントリー白州工場とシャトレーゼ白州工場はお隣さんなんですね。

ですので、一気に両方見学する予定を組むことができます。

20151103

ほら、GoogleMapで見てもお隣でしょ。

敷地が大変広いので歩いて移動はちょっときびしいんですけどね。

静岡県から来た僕たちは、52号線を登って、増穂の道の駅で休憩した後、中部横断自動車道(静岡県、山梨の間の山間は工事中)に入り中央道を目指します。そして、途中20号線に入り白州を目指して山登りです。

お昼過ぎには、サントリー白州工場へ到着。

受付のお姉さんの案内に従い、記入して中へ。

ドライバーはピンクのリボンの目印を首から下げます。

ですから、試飲とか一切出来ません。

今回は、ツアーに参加せず、レストランと売店に行きました。

駐車場からレストランまでは山道風の自然の中を歩いていきます。

IMG_0634

赤松林の中を抜けていきますが、松茸は見当たりませんでした(爆

IMG_0635

おなかが空いていて食事に夢中になってしまいましたので、料理の写真を忘れてしまいましたー☆アーっ

で、メニューの写真を載せておきます。ほぼこれで間違いありません!

僕はこれを食べました。『甲州ワインビーフの葱味噌焼き御膳』

これは、お肉は最高においしいです。やわらかいしね。

味噌がしょっぱすぎたのは、ここがお酒の工場だからと信じたいです(爆

確かに、お酒と一緒に食べると最高なんでしょう。

IMG_0636

お食事の後はお買い物です。

IMG_0637

紅葉のディスプレイがキレイです。

IMG_0638

ミニチュアのウィスキーがすごくかわいいです(^o^)

白州で生産されているウィスキーですね。

連れのAちんは、ウィスキー樽で作られたお土産を買っていました。

時間を見ると、2時に。

シャトレーゼ白州工場が終わらないうちに移動します。

お隣なので車で5分ぐらいで到着。

駐車場から、受付を済ませ中へ。

廊下に展示がされています。

IMG_0642

IMG_0653

よし、こっちか!

 

 

IMG_0641

 

IMG_0647

んー、いい絵だ。あんこの説明もあります。

 

IMG_0656

そして、工場の裏手に出たりぐるっと廻ります。

機械設備の部屋は、写真を撮ってはいけない約束なので割愛します。

そして、広い空間にでると!

きたーーーアイス食べ放題(^o^)

IMG_0657

えー、メロンシャーベット食べ放題(^o^)

IMG_0658

ビスコットサンドも食べ放題(^o^)

IMG_0659

シューアイス?も食べ放題(^o^)

IMG_0660

たい焼きアイスも食べ放題(^o^)

これアズキと反対の白いのも合わせておいしいです。

IMG_0661

メロン玉も食べ放題(^o^)

IMG_0662

八ヶ岳牛乳王国バニラも食べ放題(^o^)

IMG_0663

さっぱりして、甘すぎず美味しいですよ(^o^)

IMG_0664

パリパリチョコバーも食べ放題(^o^)

ビスコットサンドは2個目を食べてしまいました(^o^)

アズキバーを食べようとしたら、Aちんがもうやめないと

お腹痛くなるよ!と^^;)

ここ、ここまでにしてやるぜ、、(^^;)

無料でこんなに食べ放題とは、シャトレーゼ白州工場恐るべし。

アイスを食べながら窓の下では、クリスマスケーキがコンベアーを流れていました。

IMG_0653

お帰りはこちらです。

帰りに、売店でお土産を買って帰りました。

道の駅 白州では、白州の天然水が無料で汲めます。

IMG_0665

IMG_0666

また、アイス食べにくるよ!白州。