【日光観光】華厳の滝【鬼怒川温泉】

【日光観光】華厳の滝【鬼怒川温泉】

DSC01348

真冬に日光華厳の滝に行ってきました。

前日は、鬼怒川温泉あさやホテルに宿泊しました。

その回の記事(【鬼怒川温泉】あさや宿泊レビュー【和洋中100種ブッフェ♪♪】)はこちら

午前中の立ち寄り先の記事(【日光観光】日光東照宮【家康公400年祭】)の続きです。

日光東照宮から華厳の滝に向けて出発します。

この日は、まだ真冬の1月下旬。前日も雪が降ったしまだまだ周りにはかなりの雪が残っています。

wish

天気も良いし道路は雪かきされているハズなので向かうことにします。

DSC01322

日光東照宮の入り口辺りにあるお土産物屋さんが見えます。

さらに、中禅寺湖、日光いろは坂方面へ向かいます。

日光いろは坂に登る手前に馬返し 公衆トイレがあるんですが付近はこの雪です。

DSC01323DSC01324

駐車場の中は除雪はされていませんでしたが、道路はスタッドレスタイヤを履いていれば大丈夫そうでした。通行止めも解除されていました。

DSC01325

道路側の山の斜面です。

DSC01326

中禅寺湖方面を眺めると雪でけぶってます(爆

では、中禅寺湖、華厳の滝を目指して出発です。

車でいろは坂を登っていきます。

DSC01327 DSC01328

道中、除雪はされていましたが圧雪になって雪は残っていましたがスタッドレスで安定した走りで不安もなく明智平パノラマレストハウスまで到着。

DSC01329

道路の状態はこんな感じでした。1月の関東大雪から5日目くらいです。

DSC01330

眺めの下の方が日光市街でしょうか。山は若干曇っています。

DSC01334 DSC01333

男体山の治山についての表示板があります。

みるからに雪崩がおきそうな山です、、

DSC01335

WISH号と男体山です。この地点でもう-5℃くらいのアイスクライマー状態です。

寒いの先を急ぐことに。ここまでからなら中禅寺湖はもうすぐです。

DSC01340

中禅寺湖来ました!(^o^)なんとか登りは無事にこれました。

DSC01336

中禅寺湖の公衆トイレ前まで来ました。こっち側にはほとんど、観光客らしき車や人影はいませんね。

DSC01341

車を華厳の滝エレベーターの駐車場の方に移動させます。

DSC01342

なんとか、華厳の滝エレベーター前に到着。

DSC01343

周囲はこんな雪です(^o^)

DSC01344

よく猿に襲撃されるお土産物屋さん。雪かきの最中です。

エレベーターの切符を買って先に進みます。

DSC01346

ありがたい説明書きは、寒いので写真にとっておいて後でゆっくり読むことに(^^;)

DSC01366

自動運転のエレベーターで100M下りこんなトンネルから出てくると、、

DSC01358

どーん、こんな山の中腹にでてきます!おっと、こっちじゃない。

DSC01369

アナタこっちよ!写真撮るアルヨ!はい!外国の方も大勢いました。

DSC01350DSC01349

真冬の華厳の滝です。寒そう-!って言った人、正解!本当に寒いです(^^;)-5℃ですね。

DSC01368

売店はしまってましたー!残念!この時期で雪が降ると敬遠してしまう方が多いのでしょうかね。平日ですし(^^;)

1月から2月にかけては十二滝と呼ばれる細い小滝が凍るため滝全体がブルーアイスに彩られ、四季折々に違った景色を堪能することができます。

だそうです。

DSC01347

中程は青みがかってますね!自然の氷で造形された素晴らしい瀑布を堪能しました(^o^)

DSC01380

ちなみに、エレベーターを使わない方の展望台はからの滝はの眺めはこんな感じでした。

滝の見物後は、玉こんにゃくを食べてトイレを済ませていろは坂を下りたいと思います。

DSC01390

駐車場の雪はしばらく残りそうですね(^^;)

DSC01393

さて、無事に降りてきました(^o^)

ここからは、日光宇都宮道路を使って東北自動車道まで戻っていき静岡に帰ります(^o^)

DSC01396

佐野サービスエリアで、栃木名物レモン牛乳のソフトクリームを食べました(^o^)

その後、圏央道を抜けて東名高速に戻ります。

足柄サービスエリアに着くと、こいつがいました(^^;)

エヴェンゲリオン!

DSC01400

DSC01398

なんかでかいな、、

DSC01399

手足のバランスが、名駅のななちゃんに似てますね(^^;)

今回も楽しい旅行になりました(^o^)

【日光観光】日光東照宮【家康公400年祭】

【日光観光】日光東照宮【家康公400年祭】

元和2年(1616)4月17日に家康公が薨去されてより400年

DSC01286

※日光東照宮ご宝塔

今回のテーマは、家康公のお骨はどこに!?

WEBマスターの一行とはいっても、いつものコンビ(WEBマスターとAちん)だが、今回は日光東照宮にやってきた。今回のテーマは家康公のいわゆるお骨はどこにあるのかを個人的に解明できたらいいなと思いを秘めてやってきた。いわゆる歴史ロマンに浸る旅行である。ちなみに、WEBマスターたちは静岡から来たのであるが、これに先だって1ヶ月前ほどに静岡の久能山東照宮へもいってきたのでいろいろ比べながら、旅行記がかけそうである。

あさやホテルから日光東照宮へ

朝、あさやホテルを出発。車で30分程度で日光東照宮へ到着。途中、日光駅を右側にみつつ登ってきました。この日は関東地方の大雪の数日後で昨晩も雪が降りましたので地域の皆さんも雪かきをしていました。

日光東照宮の駐車場でこんな雪。

ここに来る道中では除雪されていましたが駐車場はまだまだ雪まみれです!

でも、静岡県民なWEBマスターたちは雪を見るとテンションが上がってしまうのでわざと雪が多い日陰側に来たのは内緒(^^;)
DSC01223 DSC01220

これはスタッドレスタイヤ必須です。

DSC01224

東照宮なうとか皆さんよくやっている場所にきました。

ここは駐車場からの脇道からちょうど出てくる場所に立ってます。

DSC01225

外国の方も多いです。

DSC01316

五重の塔です。芯柱が公開されていましたので見学へ。

入場料がかかりますが、ファイルケース貰いました。

DSC01227

んー鮮やかな色彩で青がキレイです。

DSC01229

干支にまつわる彫り物細工がほどこされています。その説明書きがあります。

DSC01230

順路を廻っていきます。

DSC01232

そしてこれが芯柱です。ご開帳-!(^o^)

でも撮影禁止なので公開された写真の写真を(^^;)

まわりにはご仏像が安置されていますがこちらが撮影禁止だそうです。

WEBマスターは開設のお姉さんにお尋ねしました。塔というからには上まで上れるんですよね。どこから上るんですか?と尋ねるとあの辺ですと教えてくれました。天井に上れる穴があって普段は閉めてあるみたいですが、はしご階段は備えてあるそうです。点検用ですね。

DSC01234

そしてこれが芯柱の底ですよ。

DSC01236

これは撮影OK。なんと数センチ浮いてます。要は芯柱は塔の内部を貫いてはいるが塔の何段目かで金具で止められて中吊りになっているそうです。固定してしまうと構造物が経年劣化などで縮むと屋根の一番てっぺんの部分に隙間がでてきて雨漏りの原因になってしまう。その為、つり下げることによって要は各部を引き締めているわけですね。

DSC01238

受付をすませてお次は中へと進んでいきます。

nikko-tousyouguu

日光東照宮見取り図です。

DSC01239

表門です。仁王様がおらっしゃれます。

DSC01240

表門を入ったところです。

DSC01241

振り返ると、お獅子様と目が合いました。

DSC01243

表門の裏からです。

表門(おもてもん)【重文】

東照宮最初の門で、左右に仁王像が安置されているところから仁王門とも呼ばれています。

DSC01242

こちらは、下神庫ですね。

DSC01245DSC01244

DSC01258

こちらは、上神庫・中神庫です。

神庫(さんじんこ)【重文】

上神庫・中神庫・下神庫を総称して三神庫と言い、この中には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で使用される馬具や装束類が収められています。
また、上神庫の屋根下には「想像の象」(狩野探幽下絵)の大きな彫刻がほどこされています。
DSC01247 DSC01246
こちらは、有名ないわ猿、み猿、聞か猿の彫刻が有名な神厩舎・三猿です。

神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)【重文】

神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)です。昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻が8面あり、人間の一生が風刺されています。中でも「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻が有名です。
DSC01252
DSC01255
御水舎です。

御水舎(おみずや)【重文】

神様にお参りする前に、手を洗い、口をすすぎ、心身を清める為の建物です。水盤は元和4年(1618)九州佐賀藩主鍋島勝茂公によって奉納されました。
DSC01259
一段高見に上がります。
DSC01261
鐘楼です。
DSC01265
陽明門です。
DSC01268 DSC01267 DSC01266

陽明門(ようめいもん)【国宝】

日本を代表する最も美しい門で、宮中正門の名をいただいたと伝えられています。いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」ともよばれ、故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされています。
内部には、
DSC01264 DSC01263 DSC01262
このような絵が大事に保存されていました。
陽明門を通り、神楽殿の方に向かいます。
DSC01269
DSC01271 DSC01270
たくさんのお酒が奉納されています。キリンビールですね。
DSC01272
 だが、ここで眠り猫の写真をうっかり忘れてしまうWEBマスターであった。
気をとりなおして、御宝塔へ向かう石階段を登っていきます。
DSC01273
大勢の人とすれ違います。
DSC01274
まだまだ続きます。
DSC01279
さらに続きます。
DSC01280
登り切りました。
休憩スペースの自販機を見ると、お茶お茶お茶(^^;)

DSC01281

HOTもお茶、COLDもお茶です!

ここの自販機補充用のお茶は下から担いでくるんでしょうか(^^;)

DSC01282

奥宮(おくみや)【重文】

拝殿・鋳抜門(いぬきもん)・御宝塔からなる御祭神のお墓所です。
すぐ上には奥宮の拝殿が見えます。
DSC01283 DSC01284
ここから、代々の将軍様はご宝塔に向かって礼拝されていました。
DSC01285
この豪華な造り見てください。
DSC01286

そして、ご宝塔へ

静岡からはるばる家康様の元へやって参りました。

Aちんいわく、家康さまはやっぱり静岡に埋葬されてるよね。感じるもん。 Aちん談。

というAちんですが、WEBマスターもその通りだなと思います。

薬の調合が趣味で健康にも気をつかっていた家康様。こんな冬は雪が降るような寒い内陸深くに眠りたがるだろうかと考えていた。

眠るのは、晩年を過ごした街を見下ろす日本平の海が見える山の上でよしとしよう。ただ、これから幕府を築いて未来永劫見守るにはどうしたらいいか。

家康様は考えていたハズです。

幕府を守る地。日光の地を選んでいたのです。

日光東照宮と久能山東照宮の秘密

WEBマスターは考察しました。家康様の事だからいろいろ考えたに違いない。

静岡には、日本人なら誰もが敬う世界遺産富士山がそびえています。

これにはあやかりたいと天下人なら思うハズ。線で結んで見ると、

nomap

日光東照宮は、なんと久能山東照宮から富士山山頂を結ぶ線の延長線上にあります。

家康様の時代ではまだまだそんなに精巧な地図がまだないハズですがこの一致は偶然ではないでしょう。

さて、平面で1点を決めるにはもう一つ直線が必要です。

その線はどこから引くか!もちろん、江戸城です。家康の時代はもうありましたし今の皇居です。幕府の中心であり将軍の居城です。

nomap2

では、江戸城(皇居)から、真北に線を引いてみましょう。

普通の人は、あれ、日光東照宮って江戸城の真北じゃないじゃんー残念!って思うかもしれません。

WEBマスターはボーイスカウト上がりです(笑)地理も得意なので、地図読みはわかっている方です。

実は、地図の真北と方位磁石の真北って違うんですよ!

大体、日本(東京)では6度のずれがあります。

なので、家康様の時代だったら磁石が北だから真北だぞ!って言っても何も問題がありません。しかも、日光東照宮はホントに磁北にあります。家康様の時代なら江戸の北です。

nomapu4

日光東照宮はすなわち、久能山東照宮と富士山山頂と江戸城の北を結ぶ2本の線が交差する1点に作られたのです。

これで、この日光の地に家康様をお祀りすることになった理由がWEBマスターにはわかりました。遺言ですしね。

日光東照宮まで来た甲斐がありました(^o^)

さて、話は戻り旅の続きへ。

御本社(ごほんしゃ)【国宝】

本殿・石の間・拝殿からなり、東照宮の最も重要なところです。例祭をはじめ、年中の祭典が斎行されます。また拝殿左右には、「将軍着座の間」・「法親王着座の間」があります。

DSC01300

次に向かうのは、御本社の内部へ。ここからは撮影が禁止です。

履き物を脱いで内部へ入ると、係の方がいろいろ説明をしてくれます。

将軍着座の間も見学できます。

外にでると、

神輿舎(しんよしゃ)【重文】

春秋渡御祭(5月18日、10月17日)に使われる、三基の神輿(みこし)が納められています。

DSC01295

御神輿が収納されていました。

薬師堂(本地堂)

日光東照宮には、見所がいろいろありますが、天井に龍が描かれている鳴き龍が見逃せません。

履き物を脱いでお堂に上がります。

DSC01313

入ってすぐ天井に描かれた大きな龍が目に入ります。

このお顔の真下でで火の用心じゃないけど、拍子木をカツーンカツーンと打つと!?龍が泣くんです!ホントなの!?気になりますよね。

ぜひ、聞きにいきましょう!(^o^)綺麗な音色ですよ(^o^)

DSC01314

鐘楼まで戻って来ました。

kisekimap

実は、陽明門では、桐油蒔絵rが発見されました。

DSC01309 DSC01310 DSC01307

今回は写真に収めましたのでお見せします。

DSC01308

DSC01305

(※クリックで大きな写真)

日光東照宮で行われている大修理で、26日、陽明門の西の側面の彫刻が取り外され、側面から鶴や松が描かれた桐油蒔絵が217年ぶりに姿を現した。

1636年の陽明門が作られたときに描かれ何回かの塗り替えを経て現在の蒔絵になった。その後に、1796年に牡丹唐草の浮き彫りをした彫刻で覆いがされた。

その理由は、桐油蒔絵は日光で劣化することもあるので、未来に残したいと考えた偉い人がなにか保護するために覆いが必要と考えて彫刻の覆いをかぶせたと考えると、江戸時代の覆いを付けてくれた偉い人はすごいと思いますね。これぞ歴史ロマンでしょう。そのままにしておけという反対の声もあったハズですから。

DSC01302

晴れた青空を背景に雪が乗る屋根です。金箔が映えます。

DSC01319

まだ、旅は続きますので戻ることにします。

宝物館に入っている上島珈琲店によりました。

黒糖ミルクコーヒーを飲んだらうまあああ!(^o^)

生き返りました。このお店、正面から歩いてきた人は存在に気がつかないんじゃないかな(^^;)宝物館は、新築でピカピカでした。

DSC01320

次は華厳の滝に向かいます(^o^)続く。

DSC01368