【名古屋観光】トヨタ産業技術記念館【2016夏】

【名古屋観光】トヨタ産業技術記念館【2016夏】

DSC03041

この白桃パフェは、絶品でした。これはもう今回のアイキャッチ決定ですよ。
今回は、2016年の8月上旬に、名古屋旅行に行きました。
主な目的地は、ナガシマ温泉とここトヨタ産業技術記念館です。

DSC03043

TEA TIME SPECIAL  14:00以降の特別なデザート。白桃のパフェ。+150円でドリンクもつけれます。

DSC03044

場所はここですよ。館内を探して寄ってください(笑

この14時過ぎのデザートタイムは穴場なんじゃないでしょうか(^o^)

平日なので空いていたのはあるかもしれませんが、まさか、トヨタ産業技術記念館でこんなおいしいパフェが食べれるとは思いませんでした。
まずね、桃は本物。ハーフカット分は生の桃が入っています。乗っているジェラートも桃。刺さっているお菓子は、お店の焼き菓子ですね(^o^)
で、下の方までちゃんと生フルーツが詰まってます。さすが、トヨタさんね。とWEBマスターは唸りました。
やっつけ仕事のデザートじゃなくてしっかりした仕事のパフェを堪能しましたよ(^o^ノ白州のサントリーの工場のレストランの食事を思い出しました。

さて、トヨタ産業技術記念館のレポートです。

ここからやっと記念館の紹介です。

まず、簡単におさらいしておきましょう。
これから見に行く人も見てきた人にも自分の為にも。

ここは、トヨタ自動車をはじめとするトヨタグループがお金を出し合って運営しているトヨタの歴史を感じれるスポットです。

トヨタさんちは大元は、トヨダ。豊田佐吉さんです。
日本は戦前の頃には、欧米に生糸だの繊維を使った製品を輸出していました。時を同じくして、豊田佐吉さんが機織りの機織り機の自動化に着手。鶴の恩返しのアレですよ。パタパタやるやつですね。
その機織り機を自動化したのです。最初は、自動で横糸を送れるようにしたり、G型となっては、自動で横糸を交換でき縦糸が切れたら自動停止できるようになりました。これよって、生産性は大幅に向上し、不良品は減りました。やはり、この頃から欧米への輸出品目も綿生地や綿加工品が大幅に増えています。

DSC03037

この言葉を残したのは、トヨタ自動車の喜一郎さん。
佐吉さんの息子ですよ。
つまり、そういうことです。
あとは、ゆっくりトヨタ産業技術記念館で綺麗なお姉さんの説明を聞きましょう!(^o^)

DSC03038

え、僕は、男だけど?(^o^)
いいえ、ロボットです!

演奏ロボがお出迎えしてくれます。

WEBマスターがすごい!と思ったトヨタ産業技術記念館のココ!

DSC02854

これは、筒状に織られた生地です。なんと、この機械、ちゃんと動いて今でも1日に何回か織ってます。

DSC02856

これは、1906年に発明された、環状織機です。

DSC02858

動態保存です。動きます。

DSC02887

これは、水車が動力の糸つむぎマシンですね。

これも動きます。

DSC02886

ちょっと進んだとこには、G型自動織機の自動交換機構の動態を使った実演があります。

DSC02993

そうなんです。ここのトヨタ産業技術記念館。

昔、使っていた古い機械の展示がいろいろありますが、今も動くようにきちんと整備されて、それを展示しつつ実演してくれています。

これは、すごいことですよ。
壊れても修理しているし現在も整備しているんです。

これにかけているお金と人的コストを考えれば安くありませんよ。

ということで、ここが、すごい!トヨタ産業技術記念館。
1つめは、多くの機械が動態保存されている。

次にWEBマスターがすごい!トヨタ産業技術記念館。
と思ったのは、

DSC02992

案内解説してくれる職員のお姉さんの機織りが上手ですごい(^o^)

この現代の日本でこの手動の機織り機をスラスラ動かせるお姉さんって何人いるでしょうか(^o^)

次にWEBマスターがすごい!トヨタ産業技術記念館。
と思ったのは、

DSC03001

これです。複雑な柄織物が織れる2006年製のエアジェットルーム織機が、動態展示されているのはもちろんですが数百万~する高価な機械を惜しみなく展示しているのがすごい!

DSC03027 DSC03033

まだまだ、ご紹介したいトヨタ産業技術記念館ですが、WEBマスターは、カメラのバッテリーが切れました(^^;

あとは、トヨタ産業技術記念館でゆっくりご堪能ください。
自動車館の方はほとんどご紹介してませんのでここまでで、半分ぐらいの内容ですなんですよ(^^;)

【道志の森キャンプ場】夏キャンプレビュー【2016道志村】

【道志の森キャンプ場】夏キャンプレビュー【2016道志村】

DSC02550

道志村へ

夏といっても7月前半ぐらいのこと。

梅雨もまだ明けていなかったので、お空は曇り模様。

ていうか、車で道志村に向かっている最中は、結構な雨。

雨雲レーダーを見るとピンポイントで雨雲通過中。

御殿場のスーパーアオキで生鮮食料を調達してから、

さて、どうなるか(^^;)と空模様を心配しつつ我々、Aチームは道志の村キャンプ場へ向かった。

道志の道の駅に到着

DSC02686

お昼にはちょっと早い11時半頃。

これから設営に入る前に腹ごしらえと行きましょう。

売店で野菜を物色。でもアオキで調達済み。

食堂へ。

DSC02551 DSC02548

平日なのでこんなすいてます。

DSC02552 DSC02549

道志のクレソンそばとクレソンのごま和えを頂きました。

DSC02689

さっさっと後にして道志の森キャンプ場へ。

裏口側から行くと近いです。

さて、到着したらサイトを決めて設営します。

我らがAチームのサイトをご紹介。

テントは、『コールマン ツーリングドームLX』です。
テントは、『コールマン ツーリングドームLX』です。

テントは、『コールマン ツーリングドームLX』です。

夏は、寝るときしかテントに入りませんしコンパクトなのでGOOD。

道志の森キャンプ場は、サイトの地面は砂利系なので、コットがあると快適に就寝できます。LXには、なんとコット2台入るのでGOOD。

タープは、キャプスタのオルディナヘキサタープで開放感がGOOD。

道志の森キャンプ場は、清流の横に陣取りますので涼しい空気も入ってきて真夏とは思えない涼しさです。

コットは、wild-1のキャンピングコットですが、現在は扱っていないのですが、下記のページと同じ商品です。

これは組み立て方にコツが入りますが体重をうまく使えば楽勝です。

荷物置き場には、ユニフレームのレボフラップです。

これは、優れものですね。

DSC02558

■荷物置き場がタープ以外の場所にも作れてタープ下が広々使える。

■隣のサイトからの目線をカットできるので近すぎるお隣の人目を気にせず過ごせる。

■風除けになる。

■後ほど紹介するが、ランタンの巨大なリフレクターになる。

DSC02567

2016年に投入したのがこのキッチンテーブル『タフライトスタンド TLS-150』。

これも優れものでした。折りたたみ容量は若干かさばりますが軽量なのでOK。

DSC02567

自作の流し台シンクにぴったりです。

tablemosaic

設営が済んだらコーヒータイム。

明るいウチにAちんが焼き鳥の串打ちをします。

DSC02579

まな板は透明なので見にくいですがちゃんと使っていますよ。

暗くなる前に、自作のキャンプアイテムのご紹介です。

■折りたたみ式三段ラック

これ自作なんです。コーナンラックの写真をガン見してリバースエンジニアリングで作りました。カラーをブルーにしたかったんです。

DSC02682

■クーラーボックススタンド

これは、ホームアシストのホームセンターに売っている足に

すのこをカットして作っています。ブルーの水性ペイントの上に

1液型ウレタンクリアーで仕上げしています。

DSC02669

DSC02666

DSC02671

DSC02670

ウレタンクリアーでテッカッテカですよ。

■和てぬぐいのタペストリー

俺たちの陣はここだぜ的なタペストリーです。

DSC02674

このタペストリーは夜間は重要な役目を果たします。

■天板差し込み式組み立てテーブル

足は既製品のタオルハンガーを分解して流用したもの。

DSC02681

DSC02677

上に乗っているランタンケースは試作中のガルウィング式フレームランタンケースです。ランタンのディスプレイと運搬保護を目的としていますが、支柱が細すぎるようなので再設計します。

BBQの準備をしたら、Aちんが大好きな紅椿の湯に汗を流しに向かいます。

19時を過ぎると、サービスタイムで500円になります。

DSC02583

ここはいつも空いていて、泉質も良くお肌がツルツルになりますし

広くてキレイなのでAちんのお気に入りなるものわかる気がします。

紅椿の湯公式サイト

beni-map

道志の道の駅から約9KMで約15分ぐらいです。

1時間ぐらい過ごしてさっぱりしたところで、サイトに帰還です。

辺りは、夜の闇にまっしぐら。

キャンプナイトの始まりです(^o^)

各種ランタン点灯しサイトをライトアップしていきます。

まずは、テント入り口に設置した

■自作のパワーLEDランタン(自作のポータブル電源から)

この明るさです。これはつけっぱなしででかけたので戻ってきていきなり真っ暗っていうことはないので気分的に楽です。

DSC02632

■ノーススター2000(レギュラーガソリン使用)

DSC02590

ノーススターガソリンランタンを投入します。これは明るすぎるのでお隣様などに迷惑をかけないようにレボフラップを巨大なリフレクターに見立てて設置します。すると、どうでしょう!まぶしすぎるので

DSC02619

DSC02599

DSC02641

背面から見えてもレボフラップを貫通する光量。

タペストリーを少し離して吊すと、レボフラップから放射される間接照明にてタープ内がやわらかな光で明るく包まれます。

ですが、まだ足りません。

メインのテーブルの上には、

■ジェントスLEDランタン(ポータブルバッテリーより)

DSC02634

DSC02616

これで、お肉が焼けているところもしっかり見えます。

■シーアンカーランタン(灯油)

スペックは、500カンデラパワーですからこの明るさですよ。

DSC02617

DSC02631

タープのフチには、コールマンのLEDフェスランタンを取り付けました。

コールマン ランタン マイクロクアッドLEDランタン 170-9453

DSC02636

テーブルの上のテーブルランタンは、この子が頑張ります。

まとめると、サイト内はこうなります。

MOZ02622

 

おそらくキャンプ場で1番明るいサイトになっているんじゃないかと思われますので、いつも自重して片側は山側で離れた場所に張っています。

夜のサイトの安全対策-ロープを光らせる工夫をしています。

小川張り風でタープが広く使えるように張っているのですが

それなりの張力が必要になります。

万が一、メインポールのロープに引っかかったりして、タープが倒れるような事態が起きるとランタンもかけている都合上、危ないので安全対策を行っています。

DSC02620

■光るロープ

 

DSC02645

真っ暗なサイトでもこの通りですよ。

これでつまづいたり転んだりする事がなくなりました。

GOOD!アイテムです。

BBQ開始!

実は、今回、お家に炭を忘れてきてしまいました(^^;)

急遽、キャンプ場で調達しました。

DSC02637

テーブルは、キャンパーズコレクションのテーブルに木目壁紙を貼っています。

2016年はコールマンから似たようなのが出たりこのコンロを入れる穴があるテーブルがはやってきたように感じますね。

便利ですからね!

最初は、Aちんが刺してくれた名古屋コーチンの焼き鳥。

DSC02586

炭火で焼くと美味しいですね(^o^)

お肉は、イトーヨーカドーの飛騨牛のカルビ。

DSC02607

こういう油が多いお肉は炭火で油を落として焼くと美味しいですよね。

DSC02608

焦がさないようにね。キャンプ場の炭はすぐに炎が上がるタイプの炭なので焦げやすいです。オガ備長炭辺りだとGOOD。

DSC02594

お肉だけじゃなくお魚も焼きます。

御殿場のスーパーアオキで買ったブリカマとトウモロコシです。

DSC02593

トウモロコシは、初夏から夏のキャンプの定番ですよね(^o^)

お醤油に珈琲用のお砂糖を入れて溶かしてからハケで塗り塗りしながら焼くと最高です。

DSC02604

Aちんが食べると、今まで食べた中で1番コレが美味しいかも!

下ゆでしていないのでふっくらして甘みがすごいです。

焦げた砂糖醤油の風味がたまりませんね(^o^)

DSC02595

カマ焼きは油がすごいので厚手のコンロのカバー用のアルミホイルを下に敷いて焼くとキレイに焼けます。

DSC02597

大根おろしも用意します!これはなんと、フリーズドライの大根おろしですよ。

チューブタイプも便利ですね。

DSC02611

お次は、朝から漬けダレにつけながらクーラーボックスに入れておいた骨付きスペアリブを焼きます。

DSC02609

脂がすごすぎるので焼き鳥台を出して串打ちしてひっくり返しながら

じっくり焼いていきます(^o^)

同時に、メインのパエリアもできあがりました。

DSC02614

手羽中のパエリアです。

DSC02596

ここまで食べまくるとお腹いっぱいに。

DSC02589

キャンプの夜は更けていきます(^o^)

DSC02599

このタペストリーは夜はランタンの手前に吊すとまぶしくなりすぎずGOOD。

DSC02590

レボフラップの中は、間接照明効果でこんなに明るくなります。

DSC02653

足下は、光るテントイルミワイヤーのおかげで

ロープをひっかける事がありません。

DSC02652

車になにかを取りにいったりするときは真っ暗ですからね。

そして、BBQの片付けを簡単に済ませて就寝します。

もう清流の音が良い子守歌ですよ。あっというまに朝です。

Aちんがホットサンドを作ってくれました。

DSC02656

ひっくり返すと真っ黒なのは内緒です(^^;)

DSC02567

今回は、このテーブル持っていって良かったです。

あとは、順番に片付けを始めていきます。

DSC02672

一泊キャンプって忙しいですよね(^^;)

DSC02675

今回の『道志の森キャンプ場』も連休前で空いていていい場所がとれてよかったです。

DSC02683

WISH号もまだまだ元気です。

DSC02685

このシャワー前に1回使いましたけど便利でした。

DSC02583

帰りもAちんの希望で紅椿の湯でさっぱりして帰りました(^o^)

道志の森キャンプ場レビューでした。