カテゴリー別アーカイブ: 温泉

【日光観光】華厳の滝【鬼怒川温泉】

【日光観光】華厳の滝【鬼怒川温泉】

DSC01348

真冬に日光華厳の滝に行ってきました。

前日は、鬼怒川温泉あさやホテルに宿泊しました。

その回の記事(【鬼怒川温泉】あさや宿泊レビュー【和洋中100種ブッフェ♪♪】)はこちら

午前中の立ち寄り先の記事(【日光観光】日光東照宮【家康公400年祭】)の続きです。

日光東照宮から華厳の滝に向けて出発します。

この日は、まだ真冬の1月下旬。前日も雪が降ったしまだまだ周りにはかなりの雪が残っています。

wish

天気も良いし道路は雪かきされているハズなので向かうことにします。

DSC01322

日光東照宮の入り口辺りにあるお土産物屋さんが見えます。

さらに、中禅寺湖、日光いろは坂方面へ向かいます。

日光いろは坂に登る手前に馬返し 公衆トイレがあるんですが付近はこの雪です。

DSC01323DSC01324

駐車場の中は除雪はされていませんでしたが、道路はスタッドレスタイヤを履いていれば大丈夫そうでした。通行止めも解除されていました。

DSC01325

道路側の山の斜面です。

DSC01326

中禅寺湖方面を眺めると雪でけぶってます(爆

では、中禅寺湖、華厳の滝を目指して出発です。

車でいろは坂を登っていきます。

DSC01327 DSC01328

道中、除雪はされていましたが圧雪になって雪は残っていましたがスタッドレスで安定した走りで不安もなく明智平パノラマレストハウスまで到着。

DSC01329

道路の状態はこんな感じでした。1月の関東大雪から5日目くらいです。

DSC01330

眺めの下の方が日光市街でしょうか。山は若干曇っています。

DSC01334 DSC01333

男体山の治山についての表示板があります。

みるからに雪崩がおきそうな山です、、

DSC01335

WISH号と男体山です。この地点でもう-5℃くらいのアイスクライマー状態です。

寒いの先を急ぐことに。ここまでからなら中禅寺湖はもうすぐです。

DSC01340

中禅寺湖来ました!(^o^)なんとか登りは無事にこれました。

DSC01336

中禅寺湖の公衆トイレ前まで来ました。こっち側にはほとんど、観光客らしき車や人影はいませんね。

DSC01341

車を華厳の滝エレベーターの駐車場の方に移動させます。

DSC01342

なんとか、華厳の滝エレベーター前に到着。

DSC01343

周囲はこんな雪です(^o^)

DSC01344

よく猿に襲撃されるお土産物屋さん。雪かきの最中です。

エレベーターの切符を買って先に進みます。

DSC01346

ありがたい説明書きは、寒いので写真にとっておいて後でゆっくり読むことに(^^;)

DSC01366

自動運転のエレベーターで100M下りこんなトンネルから出てくると、、

DSC01358

どーん、こんな山の中腹にでてきます!おっと、こっちじゃない。

DSC01369

アナタこっちよ!写真撮るアルヨ!はい!外国の方も大勢いました。

DSC01350DSC01349

真冬の華厳の滝です。寒そう-!って言った人、正解!本当に寒いです(^^;)-5℃ですね。

DSC01368

売店はしまってましたー!残念!この時期で雪が降ると敬遠してしまう方が多いのでしょうかね。平日ですし(^^;)

1月から2月にかけては十二滝と呼ばれる細い小滝が凍るため滝全体がブルーアイスに彩られ、四季折々に違った景色を堪能することができます。

だそうです。

DSC01347

中程は青みがかってますね!自然の氷で造形された素晴らしい瀑布を堪能しました(^o^)

DSC01380

ちなみに、エレベーターを使わない方の展望台はからの滝はの眺めはこんな感じでした。

滝の見物後は、玉こんにゃくを食べてトイレを済ませていろは坂を下りたいと思います。

DSC01390

駐車場の雪はしばらく残りそうですね(^^;)

DSC01393

さて、無事に降りてきました(^o^)

ここからは、日光宇都宮道路を使って東北自動車道まで戻っていき静岡に帰ります(^o^)

DSC01396

佐野サービスエリアで、栃木名物レモン牛乳のソフトクリームを食べました(^o^)

その後、圏央道を抜けて東名高速に戻ります。

足柄サービスエリアに着くと、こいつがいました(^^;)

エヴェンゲリオン!

DSC01400

DSC01398

なんかでかいな、、

DSC01399

手足のバランスが、名駅のななちゃんに似てますね(^^;)

今回も楽しい旅行になりました(^o^)

【静岡秘境温泉】寸又峡温泉【日帰り紅葉狩り】

【静岡秘境温泉】寸又峡温泉【日帰り紅葉狩り】

IMG_0912

紅葉よ 色づく落ち葉 湯に舞い落ちつ

【状況】

静岡の秘境の温泉、寸又峡をご存じだろうか。

機関車トーマスで有名なあの大井川鉄道の千頭駅よりさらに山奥に進んだ南アルプスの山中に囲まれた秘境の温泉である。

Google map でご覧ください。

 

【google map】

今回は静岡市内より車で国道362号線を走り、千頭経由で秘境温泉 寸又峡に向かった。ちなみ、日帰り温泉もある。

国道362号線は山を登っていく道のため道中、非常に道が狭くすれ違いが狭い場所がたくさんあるので運転に自信のない方はオススメしない。また、初めて通るなら時間帯も夜になる時間に通行するのはオススメしない。

途中には、杉尾はなのき展望休憩所がある。

IMG_4017

ここまでで1時間以上はかかっている。

IMG_4016

山側の景色は見晴らしも良いが山しか見えない。

IMG_4018

トイレ休憩と新鮮な空気を吸って緊張をほぐす。

出発してさらに狭い道を今度は千頭まで下る。

途中、作りかけの道路に出るが完成が平成30年とまだまだ工事中のトンネルを見ることになる。

さらに、進むと奥泉駅を過ぎてから77号線を走る。

ここがまた狭い!途中に、交互通行をスムーズにする電光掲示板があるので注意深く進む。スピード出し過ぎは厳禁。

対向車が常に来るのか警戒が必要だし落石もいつ落ちていても不思議じゃない。

IMG_0898

寸又峡へ向かう途中で。

まだまだ元気なウィッシュ号である。

放熱性が高い4輪ディスクブレーキな車なので峠の長い下り坂にもめっぽう強い。

また、ウィッシュ号はカローラタイプと比べて7人乗りと乗車定員も多いのでブレーキがワンサイズ大きい仕様になっており安全面も考慮されているので今回ような二人乗車では余裕のドライブが楽しめる。

ちなみに、カローラフィールダーより前輪ブレーキは6割ほど性能が上である。

IMG_0896

余計なウンチクを垂れてしまったが、車は確実に秘境に迫っている。

IMG_0902

そして、寸又峡の駐車場の案内看板がでてくる場所まで峠を下ってくると、きれいに赤く染まった紅葉がお出迎え。

IMG_0914IMG_0919IMG_0910IMG_0905IMG_0920IMG_0912

ちょうど、紅葉の真っ最中に来ることができたようです。

温泉の前に、『夢の吊り橋』へ

車を止めてから今度は、徒歩です。

手前の温泉街を抜けてどんどん登っていきます。

 

IMG_0924

遠くに川が見えてきました。

IMG_0926

山側はこういう急傾斜の落石注意箇所が多数あります。

気持ち的にこの手の場所は、素早く通り抜けた方がいいと思います。

IMG_0929

あきらかに危険な場所は、金属の金網で防護されています。

IMG_0930

大間ダムの場所まできました。

IMG_0933

水面が濃いグリーンです。

IMG_0931

反対側は、このような崩壊中の崖が見えます。

IMG_0936

吊り橋は、水面に近い場所にあるので、降りていきます。

IMG_0939

ダムは、中部電力の発電用のダムなんですね。

このはるか上流には、まだ千頭ダムがあります。

IMG_0940

もう水面がすぐそこです。

IMG_0941

夢の吊り橋にきました。

後に、この右に写っているグリーンのお姉さんに試練を与えられることになるとはこの時考えもしなかったのである。

IMG_0943

寸又峡プロムナードコースとは、入り口ーダムー吊り橋ー上り坂ー山道ー橋ー山道ー入り口と一周できる散策コースである。

IMG_0944

これを1周行くと1時間半くらいかかる。

IMG_0945

だが、いく。定員は10名なのでむやみに進んではいけない。

IMG_0946

橋の上の人数を数えて自分の番が来るのを待つ。

IMG_0949

水面が穏やかである。

IMG_0953

結構、ゆれます。

そして、試練の時が、、、すいませーーーん、シャッターお願いできますか(笑

ここでっすか(心の声

いいですよー(泣

ためらいもせず、高そうな一眼を渡してくるお姉さん。

そっと、ひもを堅く握りしめるWEBマスター。

ぱしゃり。

IMG_0958

この方である(爆

IMG_0954

ここが中州。盆栽みたいな木が生えている。

実は、、反対側に渡ってからが難所であった。

降りてきた山道を今度は一気にのぼらなければならない。

IMG_0960

ここまでくれば、

IMG_0967

やれやれできる。お連れのAちんはもうヘロヘロ(笑

この子おっそいの。

昔、千頭森林鉄道だった線路跡の林道を歩いて展望広場にいくと機関車が展示してある。

IMG_0969

こんなのが、大昔は走っていたんですね。東京芝浦電機の銘がはまっていましたよ。

IMG_0968

林道はまだ続きますが、帰り道は反対方向です。奥へいくと千頭ダムです。

引き返していくと、

IMG_0974

別の山道への分岐点があります。

IMG_0975

パネルの展示は、

もう日が大分落ちてきましたので写真に撮ってあとでゆっくり読みます。

IMG_0972

しかし、この山はすごいです。生きている山脈とはよく言ったものです。

100年で40cmは隆起しているそうですが、その分、雨から始める水の流れに浸食されていくスピードも凄まじいものがあるというのはよくわかります。

IMG_0979

また、ゴツゴツした荒い岩が多くひび割れも多いです。

落石が多いことは容易に想像できます。人が通れるように維持していくには、膨大なマンパワーが必要なことでしょう。

IMG_0987

崖の下部。

IMG_0986

道から見下ろす崖。

IMG_0985

なにやら、穴があいている金網。

IMG_0983

IMG_0989

壮年期特有の激しい浸食作用で急峻な地形が多く日本の最も大きい地殻変動線に囲まれているそんな秘境です。

こんな場所で線路を数十年維持していた労力は大変なものだったんでしょう。こんなものを見ていると、上に行ってみたりしたくなりますがやめておきましょう。

地学大好きだったので露頭を見ると観察したくなっちゃうんですよね。

IMG_0992

と、大自然を堪能したあとは、元気なおばさんがいる『手作りの店 さとう』へ。

なんと、1割引きクーポンがあります。知らなかったー(爆

この記事を書いているときに発見しました。

手作りの店 さとう 1割引きクーポン

IMG_0995

IMG_0993

しいたけそばに、手作りの一味をたっぷりかけて頂きます。

しいたけうめえ。

IMG_0994

こんにゃくおでん、、みそうめえ(^o^)

あとは、山芋もちも食べたけどぺろりと一瞬で消えました。

これは、うまかったー!

オススメです。

わさびそばも気になっていたんですけど、こちらは冷たいそばということでまた食べに来ましょう。

小腹が満たされたら、待ちにまった温泉です(^o^)

今回は、ここの日帰り温泉につかります。

楽天トラベルを見ていたら見つけたのがきっかけなんですよ。
詳細は★翠紅苑★オススメです。 日帰り入浴はなんと600円です。

ここの温泉すごいんですよ。

まず、浸かりますとすべすべヌルヌル致します。

お肌がすべすべになりものすごく気持ち良いです。同地区の町営露天風呂では美女づくりの湯と言うそうですから、お肌つるつるになるのは納得できました。

小ぶりですが露天風呂はとても気持ちよい温泉となっていました。

風呂上がりに、無料で飲める冷茶は、最高においしかったです。

辺りは真っ暗ですが、日帰りのため小一時間で退出します。レストランの横を通ると宿泊客用の料理が用意されていて美味しそうです。

ロビーには、囲炉裏があり炭火とまめ炭に火が入っていました。

WEBマスターは休憩しながら、タブレットでメールチェックしていましたが、ものすごく静かで時間が止まっているような錯覚に陥りました。

それぐらいは、ここは秘境なんですね。

IMG_0996

また、きっと来るならこの場所なんだろうなと思いました。

帰り道、真っ暗な山道。

たぬきとカモシカに出会いました(笑

そんな、静岡の秘境温泉寸又峡日帰旅行でした。